札幌全域でヘルパーとして居宅介護、重度訪問介護、移動支援、行動援護、同行援護などの障害者サービスをサポートしています

居宅介護

居宅介護のイメージ

札幌だけではなく、全国的に居宅介護を必要とする方は多くなっています。
弊社では、日常生活で必要とされる家事(掃除、洗濯、調理など)の援助などのヘルパーのサービスだけではなく
身体への直接的な介護を中心として食事、入浴、排泄、身体介助、などのヘルパのーサービスを提供しております。

重度訪問介護

重度訪問介護のイメージ

重度訪問介護は肢体不自由や知的障害、精神障害が特に重く、日常において困難が多く、常に介護を必要とされている方を対象としたヘルパーサービスになります。
札幌全域で障害程度区分4~6と認定された方に対して、見守、外出時における移動時の介護、家事援助および入浴や排せつ時の身体介護、生活全般に関してヘルパーが総合的な支援をサポート提供しています。

移動支援

移動支援のイメージ

移動支援では、行動に困難を伴うことがおおい重度の全身性障害、重度の視覚障害、精神障害や知的障害などで単独での外出が困難な方を対象とします。弊社より障害の性質を熟知しているヘルパーを札幌全域に派遣し、行動の際に危険がなく、安全な状態を保てるような支援や、外出している際に必要な援助をヘルパーが行なっております。

行動援護

行動援護

障害のために自己判断能力が制限されている方は、行動や外出する際にさまざまな危険や困難に遭遇する可能性があります。その回避と外出時に必要な支援をおこうなうことを行動援護と言います。
具体的には移動中の予防的介護や、衣服の着脱や食事や排泄等などの身体にかかわる介護などの行動時に必要なことを札幌全域で支援するヘルパーサービスになります。

同行援護

同行援護

同行援護は、視覚障害のために外出や移動が非常に困難な方を対象とするヘルパーサービスになります。道内特に、札幌では必要とする人が増えています。
具体的には
・交通機関などでの困難がないように移動を擁護
・文字や画像や映像などの視覚にかかわる情報の支援
・その他の外出や移動の際に必要となる身体介護(食事や排泄などを含む)などの必要な援護を札幌全域でヘルパー派遣にておこなっていきます。

札幌市の介護サービスについて

札幌市の介護サービス①

札幌市ではさまざまな形でのサポートサービスがありますが、以下に解説をしていきます。
○ホームヘルプサービス
利用する方のお宅に直接うかがいをして、利用者様に接触しておこなう介助や食事の準備、清掃をヘルパーがおこないます。

札幌市の介護サービス②

○訪問入浴介助
市内を移動入浴車で訪問し、安全設備での入浴のお手伝いをします。
○訪問看護
利用者様のお宅に看護師が直接行き、褥瘡などのケアや、医師に確認をとりながら
ご病気や健康の状態などをおうかがいします。

札幌市の介護サービス③

○居宅療養管理指導
薬剤師、歯科医、医師が訪問して、それぞれの分野での指導をおこないます。
○訪問リハビリテーション
札幌市内の利用者様が自立して生活できるお手伝いをします。
作業療法士や理学療法士、言語聴覚士がおうかがいします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 合同会社 poco A poco All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.